ハーブの育て方と使い方

代表的なハーブ

サントリナ(キク科・多年草)

5〜7月に開花します。
日当たりが良く、水はけの良い肥えた土を好みます。夏季はできるだけ半日陰で風通しの良い所に置いてあげて下さい。 表土が乾いたら、たっぷりと水を与えて下さい。 肥料は春・秋に2〜3回与えて下さい。
一般的にはポプリやティーにしますが、生理不順や害虫駆除にも効果ありです。


ジャーマン・カモマイル(キク科)

発芽温度は20℃〜25℃です。
9〜10月の秋に種子蒔きをします。
よく肥えた砂質の土が好ましいです。軽く土をかけて、発芽するまでは鉢の下から十分に水を吸わせるようにします。
発芽後は密生部を少し間引き、さらに3〜4cmになったら混み合っている所を間引き、7〜8cmまで育てます。 その後で中鉢に20cm間隔で移します。
カモマイルの花を浮かべたフルーティーな香りのお茶は発汗作用に優れ、健康茶として飲用されています。 また、体を暖め、皮膚をしっとりさせる効果があるため、バス・ハーブとしても人気があります。


スウィートバジル(シソ科)

発芽温度は15℃〜20℃です。
4月半ば〜6月に種子蒔きをします。
かなり肥えた湿りぎみの土が最適です。間引きをしながら本葉6〜8枚にして定植します。 肥料は香りが弱くなってしまうので控えめにして下さい。 たっぷりと水やりをして、芯摘みをして下さい。 寒さに弱いので日当たりの良い、暖かい所で育てて下さい。
最も香りの高い開花時期に収穫しましょう。
スウィートバジルはバジルの中でも一番香りが良いです。 サラダ、スープ、ソース、ドレッシング、トマト料理などに最適です。


セージ(シソ科)

発芽温度は20℃〜25℃です。
4月半ば〜5月に種子蒔きをします。ただし、発芽の期間の夜は室内で保護して下さい。
小鉢に4〜5粒ずつ30cm間隔に点蒔きして、たまに間引きをしながら4〜5cmになったら別の鉢に定植して下さい。
乾燥しすぎないように注意しながら、日によく当てて育てて下さい。
冬場は室内の日当たりが良い所で育てて、初夏に伸びた枝で挿芽をして増やして下さい。株は3年毎に新しくして下さい。
セージは肉の脂肪分を中和させるものとして使われています。 自家製ソーセージやレバーなどの臭みを消すので、ソースやドレッシングに最適です。 また殺菌作用もあるので、バス・ハーブとしても人気があります。


ペパーミント(シソ科)

発芽温度は20℃〜25℃です。
4月〜6月に種子蒔きをします。
よく肥えた湿りぎみの土を使い、小鉢に蒔いてこまめに間引きをします。 6〜10cmに育ったら違う鉢に株間30cmで移します。
夏の日照りに弱いので、半日陰で育てて下さい。春か秋に根茎を10〜15cmに切り分けて増やすか、 香りの強い株の葉を10cm程度切って挿木で増やして下さい。
清涼感のある香りで人気のペパーミントはヨーグルト、アイスクリーム、 ハーブティーなどのデザート料理をはじめ、 サラダにしたり、カクテルに浮かべたりと様々な使い方ができます。 また、乾燥させてポプリやバス・ハーブにも最適です。


マージョラム(シソ科)

発芽温度は20℃〜25℃です。
4月にうね巾へ30cm間隔で点蒔きをします。
水はけの良い石灰質の土が適しています。 日当たりの良い場所を好みますが、夏の日照りには弱いので日よけをつけてあげて下さい。 春に株分けをするか、夏にさし芽をして増やして下さい。冬は室内で越冬させて下さい。
マージョラムは乾燥させた方が風味が良くなります。 肉料理の臭み消しやソーセージ、シチューなどにします。 また、乾燥させたマージョラムを枕につめて眠ると良く眠れます。


スープセルリー(セリ科・多年草)

6〜9月に開花します。
日当たりがよく、やや湿りぎみの肥えた土を好みます。半日陰でも大丈夫です。 肥料は春・秋に2〜3回与えて下さい。
サラダ、スープ、魚介類・肉料理などに最適です。 また、脳神経の強化や血液の浄化などにも使用されています。


ローズマリー(シソ科)

発芽温度は20℃〜30℃です。
4月〜6月に種子蒔きします。
乾燥したやせぎみの土に2〜3cm間隔で2〜3粒ずつ蒔きます。生育は遅いです。 4〜5cmになったら植え替えます。最初はなるべく小さい鉢を使用して、2年目の春に直径15cmぐらいの鉢へ移し替えます。 毎年春先になったら枝先を刈り込むと、側枝が密生して形がよくなります。 1〜2年目はあまり葉を摘まないようにして、大鉢になってから多く摘むようにして下さい。 挿木は5〜6月にして下さい。
野性味のある香りの強いハーブなので、肉料理の臭い消しや野菜の煮込みに小枝ごと使います。 また、気持ちが安らぐ清々しい香りなので、室内香としても人気があります。


ヒソップ(シソ科)

発芽温度は20℃〜25℃です。
4月頃の春に種子蒔きをします。
蒔き床を十分に湿らせて蒔いて下さい。発芽後は6〜7cm間隔に間引いて、10cmぐらいになったら定植して下さい。 水はけの良い軽い土が適します。移植後はたっぷり水やりをして下さい。
日当たりのよい所を好みますが、夏の蒸し暑さに弱いので混み合った枝は整理して下さい。
やや苦味のある風味なので消化を助けます。ソーセージなどの油っぽいものに向いています。 開花前に刈り取った花はリキュールの風味付けに使われています。


レモンバーム(シソ科)

発芽温度は15℃〜20℃です。
4〜5月と9月に種子蒔きをします 湿りがちな土を好みます。発芽まで時間がかかります。 苗が5cmぐらいになったら仮植をして、10cm程度で定植して下さい。 多少陰ができる日当たりが最適で、耐寒性が強いです。 枝が茂って広がりやすいので、 時々切り戻しをして下さい。
春と秋にさし芽か株分けをして増やして下さい。
新鮮な葉で入れるハーブティーは風味が最高です。 葉を手のひらで軽く叩いて香りを立たせて、サラダや詰め物料理、ソースなどにすると良いです。 また、気分をリラックスさせる香りなので、バス・ハーブや乾燥させて室内香にも向いています。


タイム(シソ科)

発芽温度は20℃〜25℃です。
4〜5月と9月に種子蒔きをします。
乾燥ぎみの軽い土を使用して下さい。 まずは小鉢に控えめに蒔き、 芽が出揃ったら間引きをして4〜5cmになったら15cm間隔に別の鉢に移して下さい。
種は軽く土をかけて、発芽するまでの期間は鉢の下から水を吸わせて下さい。 冬は特に防寒の必要はないですが、日当たりの良い軒下が適しています。 気品のある香りのタイムは防腐力や殺菌力に優れているので、 肉や魚の保存や香辛料として様々な料理に使えます。 スープやシチューのブーケガルニや、小枝を使ってハーブ酢やハーブ油を作ってドレッシングにすると良いです。


ラベンダー(シソ科)

発芽温度は20℃〜25℃です。
4月〜6月に種子蒔きをします。
弱アルカリ性で乾燥ぎみの土が適しています。 小鉢に蒔き、2週間ほどして芽が出揃ったら密生部を間引きして、4〜5cmになったら別の鉢に移して下さい。 日光を好みますが、夏場は半日陰で育てて下さい。
再び芽が動き始める初秋の頃に別の鉢へ鉢上げして下さい。 2年目の5〜6月に成熟した枝10〜15cmで挿木して増やして下さい。
ラベンダーは昔から体を清めるために、ハーバル・バスに使用されてきました。 精神安定効果があるので室内香として人気があります。 また、リースなどのクラフトにも適しています。


タンジー(キク科・多年草)

7〜9月に開花します。
日当たりがよく、水はけの良い肥えた土を好みます。 夏季は半日陰で風通しの良い所に置いて下さい。 表土が乾いたらたっぷりと水を与えて下さい。
肥料は春・秋に2〜3回与えて下さい。
スープや魚介類・肉料理に適しています。 また、防虫やバス・ハーブ、ポプリで使用する他に、打撲傷やリュウマチにも効果があります。 ただし、妊娠中には使用しないで下さい。


フェンネル(セリ科・多年草) ※和名:ウイキョウ

6〜8月に開花します。
日当たりがよく、水はけの良い肥えた土を好みます。 夏季は半日陰で風通しの良い所に置いて下さい。 表皮が乾いたらたっぷりと水を与えて下さい。
肥料は春・秋に2〜3回与えて下さい。
スープ、魚介類・肉料理、サラダ、ソーズなどに最適です。 また、バス。ハーブとしても人気があります。 消化促進や便秘などに効果があります。

このページのトップへ