アロマ香りの効用

代表的なエッセンシャルオイルの特徴と効用

イランイラン

エキゾチックで官能的な香り。強壮や自信回復に効果大。不安な気持ちや落ち込んだときの芳香浴や、心身の緊張を解きほぐしたい時のアロマバスにも最適。


クラリセージ

生理痛や腹痛の緩和、緊張や精神的不安などを和らげる効果。芳香浴やアロマバスで使用してもいいし、植物油にゼラニウムとともに混ぜてボディーマッサージにも。


サイプレス

収れん、デオドラント作用。ジュニパーとサイプレスを2滴ずつ入れたアロマバスは足のむくみ取りやシェイプアップに効果あり。オイルマッサージ用やエアーフレッシュナーとして室内の空気洗浄に。


サンダルウッド

香水にも多く使われる白壇。ストレスを発散させて、不安を和らげる。肌への保湿効果が高いので、乾燥肌へのフェイシャルサウナにも使用できる。アジア・オリエンタルな香り。


ジュニパー

爽やかなフルーティーな香り。利尿、抗菌、鎮痛作用がある。肌の収れん作用もあり、シェイプアップ用のマッサージオイルやアロマバスにも適している。ハーブティーや室内のエアーフレッシュナーにも。


ゼラニウム

グリーンノートのフローラルな香り。バランスを回復させる製油と言われている。アロマバスや寝室で香りを楽しむとイライラなどが治まる。肌の皮脂バランスを整えるのでフェイシャルサウナにも。


ティートリー

爽やかな香り。インフルエンザなどの感染症や消炎、鎮痛に。病後などの体力が落ちている時に芳香浴やアロマバスとして使用すると効果あり。抗菌性が高いのでオーラルケアや空気のリフレッシュにも。


パチュリー

オリエンタルな香り。治癒力が高いので、ニキビや荒れた肌を治す効果がある。マッサージオイルやアロマバスなどでケアを。


ペパーミント

心身のリフレッシュや清涼感をもたらす。アロマポットに詰めて車の中に置いて眠気を覚ますという使い方も。肌のほてりやかゆみにはマッサージオイルとしてケアを。


ベルガモット

柑橘系の香り。気持ちを明るくリフレッシュて高める。芳香浴で鬱々とした気分を一新。吹き出物に悩む脂性肌のケアにはフェイシャルサウナやアロマバスで。


ユーカリ

ハウスダストによる空気の汚染をクリーニングするので、風邪や花粉症の時に焚くと良い。吸入や湿布で呼吸器系疾患を和らげる効果もある。


ラベンダー

用途の広さナンバーワン。心身のリラックスから痛みの緩和、美容分野までカバーする。ストレスを解消して眠りを誘うので時差ボケ解消にも効果あり。


レモン

天然のレモンの香りは心身の疲労を回復し、記憶力や集中力を高める作用があるので、仕事や勉強の能率アップに芳香浴やアロマバスで。イボ、ウオノメには直接湿布することも可。


レモングラス

ハーバルなレモンの香り。心身を刺激して疲労した身体を蘇らせるのに効果大。アロマバスが最適だが、入れすぎると皮膚を刺激しするので2〜3滴が限界。デオドラント効果も。


ローズマリー

ストレスを解消してエネルギーが湧くので一日のスタートのモーニングバスに最適。美容面では肌や髪に活力を与えて丈夫にする効果が高い。

このページのトップへ