アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダはインドに古くから伝わる伝統的な学問のことです。 名前の由来はサンスクリット語の「アーユス(生気、生命)」と「ヴェーダ(知識)」からきています。 医学、生活の知恵、生命科学、哲学の概念など、現代に必要不可欠なものがすべて含まれていて、 歴史は古く(約五千年)、チベットや古代ギリシア、ペルシアなどの医学に影響を与えたと言われています。 また、インドの占星術とも深い関わりがあると言われています。


アーユルヴェーダの健康

アーユルヴェーダでは「心・体・行動」に環境も含めた全体としての調和を重視しています。 アーユルヴェーダでは病気になってから治すのではなく、病気になりにくい心身を作り、 病気を予防して健康を維持するという予防医学的な考え方をしています。


治療法

治療法には「パンチャ・カルマ」「シロダーラ」「アビヤンガ」「ラサヤナ」などがあり、 日本ではハーブやスパイスを混ぜた油を額に垂らすシロダーラ(不眠や頭痛を取り除き、記憶力と集中力を高めるための治療法のひとつ) が一般的に知られています。近年はヨーガと並んで「インド式セラピー(美容)」として女性向けの雑誌・エステなどで取り上げられ、話題になりつつあります。


トリ・ドーシャ

「トリ・ドーシャ(3つのドーシャ)説」 鉱物・植物・動物・人間および環境世界は「ヴァータ・ピッタ・カパ(カファ)」という3要素を持っているとする説のこと。 人間は3要素の強さに個人差があり、それが性格や体質の違いとして現れ、 その違いに合わせてそれぞれ適した食生活や病気の治療法があると言います。 各ドーシャはそれぞれ、ヴァータが「空・風」、ピッタが「火」、カパ(カファ)が「水・地」を表し、 ドーシャは一日の中でカパ→ピッタ→ヴァータという変化のサイクルがあり、 一年の中にもサイクルがあり、人の一生の中にもサイクルもあるとされています。 また、そのサイクルは食べ物や行動などでも変化するとされています。


サプタ・ダートゥ

サプタは7つ、ダートゥは肉体の「構成要素」を意味します。食べ物は…
「ラサ(血漿)→ラクタ(乳糜、にゅうび)→マーンサ(筋肉)→メーダ(脂肪)→アスティ(骨)→マッジャー(骨髄)→シュックラ(生殖組織)」
の順で代謝されていき、最終的に「オージャス(活気)」となり、生き生きとした健康な状況を生み出すとされています。


参考文献

幡井勉 『新版 アーユルヴェーダの世界』
→ ISBN 486103003X(新版ISBN 4915497585)

伊東弥恵治、鈴木正夫訳『アーユルヴェーダススルタ大医典』アーユルヴェーダ原典の日本語版
→ ISBN 489007158X

蓮村奮 『ファンタスティック・アーユルヴェーダ(新訂)』
→ ISBN 4434022369

このページのトップへ