オーガニック

オーガニックとは

「オーガニック」とは英語では「Organic」といい、「有機の」「有機的な」といった意味があります。
よく見かける「オーガニックフード」とは、「有機栽培」によってつくられた「有機食品」のことを言います。
そして、有機栽培を行っている農家(農場)は「オーガニックファーム(有機農場)」と呼ばれます。
「オーガニック」という言葉は一般的に有機農法から有機食品まで、全体を表わす場合に使われることが多いです。
また、本来(従来)の昔ながらの生活を称して使われることもあり、オーガニックは「製法」ではなくて「生き方」としても使われる言葉です。


有機栽培と無農薬栽培

有機農産物とは「化学合成農薬・化学肥料・化学合成土壌改良材を一切使わないで3年以上を経過し、 堆肥等(有機質肥料)による土づくりを行った土地で収穫された農産物のことを言います。また、3年未満6ヶ月以上の場合は「転換期間中有機農産物」と言います。
「無農薬」「減農薬」という言葉もよく耳にしますが、それらは有機農産物ではなくて「特別栽培農産物」となります。
特別栽培農産物とは「農薬又は化学肥料を一切使わないもの」あるいは「一定程度削減された農産物」を言います。
これは「消費者ニーズに応える」「有機農産物の生産を目指す」という生産者の努力を評価するために設けられています。


有機認証

オーガニックの認証(有機認定機関)

オーガニックには「オーガニックの基準」というものがあります。 この基準を設けているのは国家や民間の認証団体で認証団体は多数あります。
また、オーガニック基準も団体によって若干異なります。 認定機関は農地から加工・流通の各段階で厳しい審査を実施し、 基準に合格したものだけにオーガニックの認定を与えます。


有機栽培の認証(有機JASマーク)

農林水産省ではJAS(日本農林規格)を定め、 その監査に合格し認定を受けたものだけに「JASマーク」を添付し、「有機栽培」と表示することを認可しています。
有機農産物のJAS規格は以下のような条件が設定されています。


種まきをするより2年以上前から農薬や化学合成肥料を原則として使わない

遺伝子組換えの種を使わない

この有機農産物のJAS規格に沿った生産が行われていることを、 登録認定機関(国が認めた認定機関)が個別に審査を行います。 食品に「有機」「オーガニック」などの言葉を表示するには、この「有機JASマーク」が貼られていなければなりません。


補足事項

特別栽培農産物の基準

無農薬栽培農産物
 → 栽培期間中に農薬を使用しない農産物

無化学肥料栽培農産物
 → 栽培期間中に化学肥料を使用しない農産物

減農薬栽培農産物
 → 栽培期間中に化学合成農薬の使用回数を5割以下に削減して栽培した農産物

減化学肥料栽培農産物
 → 栽培期間中に化学肥料の使用量を5割以下に削減して栽培した農産物

有機JASマークの不正処分

JASマークが無いのに「有機」や「オーガニック」という記載をして、表示の除去または販売の禁止等の命令に従わなかった場合は「50万円以下の罰金」に処されます。 また、JAS認定を受けていない業者がJASマークを添付した場合は「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」に処されます。

このページのトップへ