紅茶

11月1日は紅茶の日

海難にあってロシアに漂着した伊勢の国の船(大黒屋光太夫達)は、ロシアに10年間滞在することになってしまいました。 なかなか帰国の許可が降りずに辛い生活をしていたが、ロシアの上流社会に普及していたお茶会に招かれる機会を得ました。 そして、1791年の11月には女帝エカテリーナ2世にも会い、茶会にも招かれたと言われています。
そのことから「大黒屋光太夫が日本人で初めて、外国での正式の茶会で紅茶を飲んだ人」とされ、この日(11月1日)を日本紅茶協会は1983年に「紅茶の日」と定めました。


日本への紅茶の上陸

日本に初めて紅茶が輸入されたのは1887年で、その時はたったの100kgでした。その時の輸入は原産地(中国)からではなく、ヨーロッパ文化への憧れとしてイギリスからでした。そして紅茶は日本のお茶に匹敵する舶来の文化として、上流社会でもてはやされました。
かつては日本でも紅茶が生産されていましたが、その目的は「輸出品」でした。第2次世界大戦後しばらくは輸入に制限がかかりましたが、輸入が自由化された1971年以降は、日本で販売される紅茶は輸入品ばかりになりました。
日本での紅茶という飲み物は「ティーバッグ」「缶入り紅茶」などをキッカケに飛躍的に普及しました。同時に人々の茶葉(リーフティー)への関心も強まりました。最近では「リラックス」「ヘルシー」「オシャレ」といったイメージの飲み物として、多くの人に愛飲されています。


紅茶ができるまで

摘採
苗木を定植して3〜4年経った木から、その新芽と2枚の若葉をたんねんに手摘みします。

萎凋
摘み取った茶葉を網や麻布でできた萎凋棚に薄く広げ、15〜20時間陰干しにします。 工場では大量の温風を送って8〜10時間この作業を行なう場合もあります。

揉捻
葉の組織細胞をくだいて酸化発酵をうながし、揉捻機にかけて揉み形を整えます。

発酵
20〜25℃・湿度90%の発酵室に2〜4時間寝かせます。 この時点で酸化酵素の働きによって葉は緑色から鮮やかな赤褐色になり、紅茶の香りが出始めます。

乾燥
乾燥機に入れ、100℃の熱風で水分が3〜4%程度になるまで乾燥します。

等級区分
荒茶をふるいにかけて形やサイズによって分類します。また、茎などの挟雑物を取り除きます。

配合
同じ産地の同じ茶園で育った茶葉でも収穫期によって味や香り、色などが異なり、市場の価格も変わってしまいます。 そのため、常に安定した品質と価格で製品を供給するために配合が行われます。 その配合の専門家を「ティーテイスター」と呼びます。 この専門家になるには20年以上の修行が必要と言われていて、別名「茶のアーティスト」とも呼ばれます。


茶葉の等級

茶葉は仕上げの工程でふるいにかけられ、その形状、大きさによって分類されます。 これが「紅茶の等級区分」となりますが、これは茶葉の「大きさ」と「外観」を表すだけで品質の良し悪しを表したものではありません。


オレンジ・ペコー
一般に細かい針状の長い葉で、葉肉は薄く、橙黄色の芯芽を含みます。 色は明るくうすいものが多く、香味が強いのが特徴です。

ペコー
葉は太めでよく揉まれたもので、オレンジ・ペコーよりも短く、針金状ではなく、芯芽もあまり含まれません。 色はオレンジ・ペコーよりもやや濃いです。

ブロークン・ペコー
ブロークン・オレンジ・ペコーよりもサイズは大きく、芯芽をふくまず形は扁平。 色はやや薄めで主に増量用に使われます。中級品。

ブロークン・オレンジ・ペコー
需要が最も多いものです。どの茶葉よりも葉のサイズが小さく、多くの芯芽を含み、よく揉まれています。 色は濃く香味も強いです。

ブロークン・オレンジ・ペコー・ファイニングス
ブロークン・オレンジ・ペコーよりも小型で、色は濃く抽出されます。ブレンドに多用される上級品です。

ファイニングス
茶葉は扁平で小さいものです。

ダスト
葉のサイズがもっとも小さいものです。

このページのトップへ