和菓子

和菓子の歴史

古代、菓子というのは天然の果物や木の実でした。 その後、穀物を加工する様々な方法があみ出され、餅や団子などが作られるようになります。
そして、お茶が伝わってきたことで「喫茶」という習慣が生まれ、 それに合わせた菓子を作るために工夫が施されるようになります。
ちょうどその頃、カステラやボウロ、金平糖といった南蛮菓子が日本へ入ってきたことが影響し、 菓子に大きな変化がみられるようになります。
また、明治時代には西洋菓子も日本に入ってきたことが、さらに影響を与えて菓子を大きく成長させることになります。
このように、古代の穀物を加工する技術が発展し、南蛮菓子や西洋菓子の影響を受け、日本独特の文化や伝統を取り入れた菓子が「和菓子」として、人々の心を和ませる存在として人々から愛されています。


和菓子の日

6月16日 は1979年(昭和54年)に「和菓子の日」と設定されました。
これは平安時代、当時国内に疫病が蔓延したことから、 仁明天皇が元号を「嘉祥」とあらため、6月16日に16の数にちなんだ菓子や餅を神に供えて、 疫病除け・健康招福を祈ったことが由来となっています。


和菓子の由来

和菓子には数え切れないほどの種類があり、それぞれに地名や歴史にちなんだ「菓銘」が付けられています。 代表的なものとして、以下のようなものがあります。


金鍔(きんつば)
徳川5代将軍綱吉の頃、小豆餡をうるち米の粉で包んで焼いた焼餅が京都に生まれ、 「ぎんつば」といって庶民の人気菓子となります。 そのぎんつばが1726年に江戸に渡って来て、江戸風の工夫が加えられ、 「銀よりも金が上」ということから「きんつば」という名が付いたと言われています。

桜餅
江戸向島の長命寺の門番だった下総国の山本新六が、向島堤の桜の落葉の掃除に追われていた時に思いつき、 この葉をしょうゆ樽に漬けて売ってみましたがあまり売れませんでした。 そこで次は、小麦粉を溶いて薄く焼いた皮に小豆餡を包んで、塩漬け・塩抜きをした桜の葉で包んだところ、 これが花見客などに大評判となり、名物菓子のひとつとなったと言われています。

柏餅
柏の木の古い葉は新芽が育つまで枯れないので「子孫繁栄の縁起の良い葉」とされ、 柏餅を包む手つきが神前でかしわ手を打つ姿に似て、「武運を祈願する端午の節句にふさわしい」ことから、 柏餅はすでに江戸時代から「端午の節句」に必ず用いられていました。 もともと柏の葉は古代から食器として用いられていました。 また、柏の葉には薬効があるとも言われていて、 これらも「端午の節句」に用いられるようになった理由のひとつとされています。

おはぎ、ぼた餅
ぼた餅は仏教説もありますが、「倭漢三才図会」に書かれている「牡丹餅および萩の花は形、色をもってこれを名づく」 というのが有力な説です。 「萩の花、おはぎ」というのは女性の言葉と言われていて、また「隣しらず」とも言われていました。 これは「餅といいながら臼でつかないので隣の人に聞こえない」という江戸風のシャレ言葉のようです。 説は色々とありますが、根本には「共食信仰」があり、彼岸に仏前に供え、親類や近隣にも配るという習慣が生まれたました。

饅頭
まんじゅうは中国から伝来したもので、名前も蛮頭、蔓頭、包子などの文字から生まれた和名です。 三国志で有名な諸葛孔明が南蛮を征した時に、濾川のほとりで激しい風浪に遭った時に、 「風浪を鎮めるために人頭を川の神に捧げる風習がある」と聞き、 「人頭のかわりに小麦粉に羊や豚の肉を包んで祭壇に供えるようにした」という伝説がまんじゅうの誕生説とされています。 その後、この食べ物が日本に渡ってきましたが、肉を食べない風習があり、 その結果、現在のようなまんじゅうが生まれたと言われています。

羊かん
羊かんについては平安時代末期の書に「羹(あつもの)として唐の国より伝来したもの」と書かれています。 もともとは鳥獣、魚介を使ったものだったのですが、 日本では肉を食さない風習があったため、汁の中に肉に似せた穀類などをこねて作ったものを入れていました。 そして、その中味だけが取り出されたものが「蒸菓子」として珍重され、 これが羊羹(ようかん)の始まりと言われています。 そのため、もともとは現在でいう「蒸し羊かん」の様なものだったのですが、 その後の発展で現在の「煉羊かん」が生まれてきました。

このページのトップへ